私が引越し先の下見で必ずチェックするポイント

引越し先を決めるときは必ず下見に行くと思います。今回は下見をする時の個人的なチェックポイントを順番にまとめてみようと思います。

1.キッチンの使いやすさ

下見の時にどのようなことに気をつければ良いかというと、見るべきチェックポイントは色々あるのですが、私の場合はキッチンの使いやすさをチェックします。キッチンの作りによっては料理がしにくい所などがあります。コンロと壁の距離も近すぎないかどうかチェックしておくと良いです。

2.部屋に窓は十分あるか?

次に見ておきたいのはキッチン以外に、各部屋に窓がどれだけあるかと言うのも重要なチェックポイント。明るさだけでなく、窓が少ないと冬場の湿気が怖いです。ただ、窓があっても、湿気が溜まりやすいような場所というのはどうしてもカビが生えてしまうようなようなことがあります。

3.湿気の溜まり易さは超重要!

マンションだと鉄筋コンクリートになるので、湿気は切っても切り離せない問題なのですが、万が一カビが生えてしまうとアレルギーの原因になってしまったりすることがありますのでこのような部分はとても注目して確認しておきたいところです。冬場なら結露の状態で判断できるのですが、夏場だと難しいかも。

…私が以前借りた物件は下駄箱にカビ生えました、、靴にも移って、、悲惨でした。

4.洗濯機のスペース

最近では洗濯機は必ず家の中に置けるようになっているところが増えていますが、都心だったり家賃の安いところなどの場合は、洗濯機が外にしか置けない場合もありますのでこれも重要なポイントになると思います。ドラム式をもってくる場合はサイズが大きいので要注意です。

万が一外にしか置けない場合は真冬などはとても寒い中で洗濯をしなければなりません。コインランドリーが中に設置されている物件も都会では良く見られます。

5.バス・トイレはできればセパレートが理想

それと、バスとトイレというのは、できれば別の方が良いと思います。

一人暮らしであれば一緒でも良いと思いますが、一人暮らしでなければ別々の方が生活をしていく中で困ることもありません。同棲を考えているなら、セパレート必須だと思います。

6.収納スペース

もう一つ最後に注目して欲しいのは、収納をする部分がどれだけ多いかということになります。クローゼットや押入れなどはできるだけ多い物件だと安心です。収納スペースは思っているよりもたくさん使う可能性が大きいので、収納に関してもしっかりとチェックするようにしましょう。収納に関しては広ければ広いほど良いです!

この他にはそれぞれのこだわりによってお風呂広さやトイレの広さなどがあると思いますが、上記したような部分に関しては必ずチェックをしておいた方が良いと思います。

引越し見積もりサービスの比較

見積もりの簡単交渉方法

スポンサードリンク

Pocket


この記事を書いている人

ねこ茶