引越しキャンセル料金が無料

引っ越しといえば、引越し業者とのトラブルも問題となっています。引越し業者とのトラブルの中で、多いのが引っ越しのキャンセルや延期についてのトラブルになります。

引っ越しを申し込んだ場合、キャンセル料が発生しますが引っ越し「当日2日前」までにキャンセルした場合には、キャンセル料は発生しません。

標準引越運送約款

キャンセル料は「見積書」に記載した「届出運賃」の10%以内(引っ越し日の前日キャンセル)あるいは20%以内(引っ越し日の当日キャンセル)であり、運賃のみならず料金及び付帯料金も含めて、あくまで届出運賃の10%以内あるいは、20%以内として収受しなければいけません。

このように引越しのキャンセル料は「標準引越運送約款」によって国土交通省によって定められています。

引っ越し業務を行う事が出来るのは、国土交通省に認可された企業のみです。国土交通省認定業者以外が引っ越しを行う場合は、キャンセル料などその業者の規約となりますのでトラブルが起こりやすいと言えます。

引っ越しをキャンセルする場合のキャンセル料は、引っ越しをする際にかかる運賃に対しての料金となります。

前日のキャンセルが運賃の10%・当日は20%のキャンセル料が必要となります。見積もりで出したひっこしの総料金とは違いますので注意が必要です。

・引越し前日のキャンセル(解約・延期)・・・引越料金の10%以内
・引越し当日のキャンセル(解約・延期)・・・引越料金の20%以内

引っ越しの延期には、普通キャンセル料は発生しませんが、引っ越し当日や前日などの延期連絡の場合は、キャンセル同様料金が発生する可能性が高くなります。

キャンセル以外のトラブルとしては、荷物が壊れていたり無くなっていたりした場合も、トラブルになりやすいので業者が保険に加入しているかのチェックや段ボールの数は引っ越し前にチェックし、出来れば荷ほどきは、業者が居る時点で行い荷物のチェックをし破損などがあれば事故証明書をその場でもらう事でトラブルを最小限に抑えることが出来ます。

よく利用される引越し一括見積りサイト

備考欄に「連絡は電話ではなくメールのみでお願いします」と記載するのがオススメなのだ。

HOME’S引越し【限定特典割引あり/優良業者130社】

24時間 全国対応

日本最大級の住宅情報サイトHOME’S(ホームズ)運営の引越し無料一括見積り。こちらから予約するとお得な割引特典がつくのでオススメです♪

www.homes.co.jp

引越し侍【全国229社と提携!/キャッシュバックキャンペーン】

24時間 全国対応

テレビCMでも目にする機会が増えた話題の引越し侍。提携業者数が多いのでできるだけ安い見積りを狙う方にオススメです。

hikkoshizamurai.jp

引越し見積もりサービスの比較

見積もりの簡単交渉方法

Pocket


この記事を書いている人

ねこ茶