引越しの敷金と礼金ってなに?

賃貸での引っ越しを行う時には、敷金と礼金が必ず必要になってきます。

礼金
大家さんに対して払うお礼のお金

敷金
自分が住んでいた部屋の中が傷ついてしまったりした時に修理に充填してもらう分の預り金。

基本的に敷金は多めに取られる事が多いので、部屋を出て行く時にいくらか返金してもらえますが、あまりにもたくさん傷つけてしまったりすると敷金だけでは修理が足りずに費用を請求されることがあります。

最近は礼金をとる物件はほとんどない

以前は敷金や礼金というのは家賃の数ヶ月分と言われていましたが、最近では敷金や礼金がなかったり、1ヶ月分というところも増えてきているので引越しをする際に、今まで住んでいた部屋の修復を行うための費用が敷金だけでは足りないということがあります。

敷金0円は部屋を出ていいく時にお金をとられる可能性も?

そうなると中にはとても高い費用を請求されてしまうようなことがありますが、こういった部分に関してはしっかりと契約書の内容を確認した上で本当に支払わなければいけないのかどうかということを、もう一度確認してみましょう。

例えば長年住んでいた経年変化によって壁紙の色などが変化してしまったという場合、修復に住民が費用を支払う必要はなく、大家さんの出費となります。

このような事を知らないと請求された費用をそのまま支払ってしまい、お金を損してしまうことになりますから、きちんとした知識を持っておくことが大切です。

敷金についてよくわからないという時は、引っ越しをする際に引っ越し業者に依頼をするのであれば、引越し業者に細かな事を聞いてみると色々と教えてくれると思います。

最近ではとても親切な引越し業者が増えてきていますので、こういった敷金などに関してもアドバイスを受けることができますよ。

引越し見積もりサービスの比較

見積もりの簡単交渉方法

スポンサードリンク

Pocket


この記事を書いている人

ねこ茶