女性も実践できる格安で引っ越すための引越し交渉の方法。

引越し業者は中小を含めると非常に沢山の業者がありますよね。引越しを決めてまず最初に考えることは業者選びですが、

ポイント

1.できるだけ安く引越したいのか?
2.安心できる有名な大手会社に依頼したいのか?

まずはどちらを優先するのかをハッキリさせておかないと、いざ交渉するときも決断ができなくなってしまいます。

基本的には有名な大手ほど高くなり、聞いた事もない業者は安いです。

ご家族で相談して、どちらの方針で業者を選ぶのかを決めておきましょう♪まずこれが第一段階です。

実は安く引越すだけなら簡単

安く引っ越す方法
もしも引越し料金を最も重視するのであれば、交渉で値下げを狙うよりも最初から安い業者に絞ってしまった方が楽です。

最近はインターネットで調べると沢山の無料見積もりサイトがあるので、これで申し込むのが一番簡単で時間も節約できます。例えば次のような無料サイトですね。

HOMS引越し – 24時間見積もり受付中!

見積もりを依頼すると、ドカドカっと見積もりメールが送られてくるので、安い業者を選べぶだけです。

適当に安い見積もりメールをくれた業者数社に連絡を取って、交渉すれば簡単に安く引越しを済ませられます。

でも、いくら安いといっても聞いた事もない業者は怖い。。という方も多いと思います。

私も同じで、引越しの時はいつも大手から選んでます^^;

大手会社の見積もり料金を下げる簡単交渉術!

安く引越すだけなら上記の方法で問題ないのですが、やっぱり大手で安く引越しを済ませたいという方は、交渉で料金を下げるしかありません。

で、交渉が苦手な女性でも簡単にできる交渉方法があります。

それは「一括見積りメール」を利用して交渉するテクニックです。先ほど紹介したような無料の見積もりサイトから送られてくる、見積もりメールを使って交渉していきます。

引越業者は他社との料金比較を防ぐために、即決で予約させようとしてきます。

ポイント

基本的にどの引越業者も「その場で即決」を条件に提案して来る場合がほとんど。

「今、決めてくれたらこの料金まで下げられます」

のような感じで交渉してくると思います。

意味深に他社の見積もりメールをコピーした用紙を持っておく

見積もりメールのコピー
その時に、「他の業者にも頼んでいるんですけど…」のような感じで「見積もりメール」をコピーしてさり気なく手に持っておきましょう。

一括見積りメールの場合は中小業者も参加しているので、この時に大手会社が提案してくる料金よりも安い場合が多いです。

「他に気になっている業者はもっと安いんですけど。。。」

という感じで交渉すればもう一段回は安くできる可能性が大きいです。どの業者も最初に提示してくる料金は余裕を持たせて来ているはずですので。

こんな感じで<電気屋で他店のチラシを持ちながら交渉する時>と同じ方法が引越し料金の交渉でも可能です。

ライバル業者の見積もり料金という比較するものが手元にあるので、交渉もしやすくオススメのテクニックです^^

注意点

引越し予約サイトを使って一括で見積りをする時は、全ての業者に出さない方が良いです。(急ぎで連絡が欲しい場合は別です)

というのも、一斉に電話がかかってくる可能性があるためです。”大手数社とマイナーな業者数社で絞る”のがオススメ!

例えばHOME’s引越しならこんな感じで選択できます。

ホームズ引越しの業者選択画面

メールで見積りがほしい時は備考欄に「ご連絡はメールでお願いします」と一言書いておきましょう。それでも電話をしてくる業者はありますが、最初の連絡をメールで欲しい人は忘れずに書いておいた方が良いです。

よく利用される引越し一括見積りサイト

備考欄に「連絡は電話ではなくメールのみでお願いします」と記載するのがオススメなのだ。

HOME’S引越し【限定特典割引あり/優良業者130社】

24時間 全国対応

日本最大級の住宅情報サイトHOME’S(ホームズ)運営の引越し無料一括見積り。こちらから予約するとお得な割引特典がつくのでオススメです♪

www.homes.co.jp

引越し侍【全国229社と提携!/キャッシュバックキャンペーン】

24時間 全国対応

テレビCMでも目にする機会が増えた話題の引越し侍。提携業者数が多いのでできるだけ安い見積りを狙う方にオススメです。

hikkoshizamurai.jp

引越し見積もりサービスの比較

見積もりの簡単交渉方法

Pocket


この記事を書いている人

ねこ茶