面倒な食器洗いを任せられる食洗機は便利ですよね~。最近の機種だと性能もよくなってきているため、手洗いよりも水道代・電気代の節約できます。

食洗機の取り外し・取り付け作業は、引越し業者のオプションとしてつけることができます。業者によって異なりますが、取り外しで約5千円、取り付けで約8千円が相場。合計で1万円超となると、けっこうお財布には痛いですよね……さらに、前の住まいで使っていた分岐水栓を新居でも使えることは稀なので、プラス費用がかかります。

しかも、一旦水道と食洗機の型番を見て、合う水栓を取寄せて……と、工事までに時間がかかることもしばしば。

そこで、自分でできるなら自分でやってしまおう、DIY!引越しに伴う食洗機の取り外し・取り付けに関する情報をまとめてみました。

食洗機の取り外し&取り付け

必要なもの

レンチ

水道工事用のものか、薄くて開口部の広いモンキーレンチをさがしましょう。

新居の水道に合う分岐水栓

内見の時に、水道の型番を控えておきましょう。蛇口付近にあるはずです。読み取りづらい場合は、写真を撮っておいて検索するか量販店等に持ち込んで聞いてみましょう。

パナソニックでしたら型番を以下のサイトに入力すれば、合致する分岐水栓が分かります。価格は種類によりさまざまですが、5千円前後です。

http://panasonic.jp/bunki/

動画

解説

取り外し

1.水道の元栓を締める
 元栓の場所は住居によって異なります。
 周りのパイプスペースを調べてみましょう。

2.水道蛇口を緩めて、パイプ内の水を出す
 これをしておかないと、水が溢れることがあります。

3.食洗機を分岐水栓からはずす
 フックを外して、まっすぐに抜くだけです。
 ホース内の水が溢れることがあるので注意しましょう。

4.分岐水栓のネジをゆるめる
 いよいよ分岐水栓を外します。
 固くなっている場合がありますが、慎重に。

5.もともとついていたはずの水道ネジをいれる
 失くしてしまった場合は、買い換えるか、
 いっそ分岐水栓をつけっぱなしにしておきましょう。
 退去時に、大家さんに報告して実費精算となります。

6.しっかりとネジが締まっていることを確認し、元栓を開く
 水漏れしている場合は、ネジを締めなおしてください。

取り付け

1.水道の元栓を締める
2.水道蛇口を緩めて、パイプ内の水を出す
 ここまでは同様です。

3.水道蛇口のネジをゆるめる
 蛇口の型と分岐水栓の型により、どこを取り外すか変わってきます。
 説明書をよく読みましょう。

4.分岐水栓に入れ替える
 分岐水栓の分だけ、位置が高くなったり前に出たりします。
 ネジをしっかりとしめましょう。
 はずしたもとの蛇口のネジは、退去時まできちんと保管しましょう。

5.分岐水栓に食洗機の給水ホースを取り付ける
 設置場所が遠く、ホースの延長が必要な場合もあります。
 純正の延長ホースを使うか、洗濯機用の給水ホースも代用できます。

6.しっかりとネジが締まっていることを確認し、元栓を開く
 もし水漏れがあったら、すぐに元栓を締めて、ネジを締めなおしましょう。

7.排水ホースをシンクに設置し、稼動してみる
 一見水漏れがなくても、実際に稼動したら水圧がかかって水漏れすることも。
 お皿を入れず、見守りながら稼動チェックをしておきましょう。

以上です。

何かとお金がかかる引越し、できるだけ節約して楽しみたいですね!

引越し見積もりサービスの比較

見積もりの簡単交渉方法

スポンサードリンク

Pocket


この記事を書いている人

ねこ茶