引越しが決まったらそれまでにやっておきたい手続きについてまとめておきます。引越しでは荷物を運ぶ事以上に手続きが面倒なんですよね。

チェックリストを印刷しておく

日本通運さんの特集サイトで印刷用「手続きリスト」がありますので印刷して利用しましょう。

お引越し手続きリスト

引越し1ヶ月前からできる事

大家さんへの退去連絡

管理会社または家主に退去の連絡をしましょう。賃貸契約より異なりますが通常は1ヶ月前までに連絡しておけば問題ないでしょう。

引越し方法を決める

引越業者を使う場合は、3、4月と7、8月は引越シーズンなので、早めに連絡をしましょう。

粗大ごみ回収の予約

役所に電話して粗大ごみの大きさと種類を伝えましょう。私の地域は月1の回収です。

転校の手続き(公立小・中学校)

(1)引越しが決まったら、すぐ担任の先生に連絡。
(2)学校から、在学証明書、教科書受給証明書を受け取ります。

転居ハガキの作成

転居ハガキは早めに作りましょう。

2~3週間前から

新居の家具配置や搬入口のサイズを確認

  • 出入口
  • エレベーターの有無
  • 間取り
  • 収納スペース
  • カーテンサイズ
  • ガスの種類

大型家具・大型家電の搬入方法、玄関や廊下、階段、室内のドアのサイズを測っておきましょう。

インターネットの手続き

インターネットの手続きはもっと早くても良いかもしれません。1ヶ月でも開設が間に合わない事もあります。

段ボール箱の確保

すでに引越業者と契約している場合は、入手していると思いますが、自分で用意する場合はこの時期から準備しておきましょう。スーパーやドラッグストアなど定員さんに尋ねれば大体もらえます。

1~2週間前から

この時期から面倒な住所変更関係の変更手続きに取り掛かりましょう。

市区町村役所で転出の手続き

旧居の市区町村役所で印鑑を持参し、住民異動届を提出し、転出証明書を発行してもらいます。※同一市内の場合は「転居届」

その他、旧居の市区町村役所で行う手続き

  • 国民年金の住所変更
  • 国民健康保険
  • 乳幼児医療・老人保健医療
  • 児童手当・福祉手当
  • 母子健康手帳

電話回線の移転・新設

電話会社へ新旧住所、氏名、引越月日、移設希望日を連絡します。

ガス会社の閉栓・開栓の手続き

ガス会社へ使用停止日を連絡して、新居のガス会社にも、開栓も予約をします。こちらは立会いが必要です。
※電話時はお客様番号が書かれた領収書があると便利です。

電力会社の手続き

電力会社へ電話をして使用停止日を連絡します。
※電話時はお客様番号が書かれた領収書があると便利です。

水道の閉栓・開栓の手続き

領収書、請求書に書いてある支所・営業所へ電話で連絡します。

引越しの前日

冷蔵庫の電源OFF・洗濯機の水抜き

引越しの前日までに忘れないようにしましょう。

電化製品の配線を抜いておく

当日でも構いませんが、できれば前日までに。

よく利用される引越し一括見積りサイト

備考欄に「連絡は電話ではなくメールのみでお願いします」と記載するのがオススメなのだ。

LIFULL引越し【限定特典割引あり/優良業者130社】

24時間 全国対応

日本最大級の住宅情報サイトHOME’S(ホームズ)運営の引越し無料一括見積り。こちらから予約するとお得な割引特典がつくのでオススメです♪

www.homes.co.jp

引越し達人【独自特典割引あり/30秒簡単入力】

24時間 全国対応

他社サービスと比べ必要な入力項目が少なくてとにかく簡単に申し込めます♪細かい入力は不要!早い!シンプルな形が好みの方にオススメです。

www.homes.co.jp

引越し見積もりサービスの比較

見積もりの簡単交渉方法

Pocket


この記事を書いている人

ねこ茶