引越し当日は一通り梱包作業が完了しているはずですので、荷物の運搬は引越し業者に任せるだけです。といっても、引っ越し当日には、他にもやるべきことは沢山あります。一日の流れを追いながら、当日の作業を予習して心構えをしておきましょう。

引越業者の到着までに

引越業者が来るまでに、忘れ物や何かやり残しがないかを確認しておきましょう。

引越業者が到着して作業開始

旧居からの運び出しは、放っておいてもどんどん勝手に進めてくれるので、全てを業者に任している場合は暇かもしれません。スタッフの邪魔にならない範囲で、荷物がなくなった部屋から掃除をしておくと後が楽です。

運びだし完了

旧居の荷物がすべて出されると、問題個所がないか、忘れ物がないかを業者と一緒に最終チェックを行います。ガスの元栓をしっかり締めて、電源のブレーカーも落として新居の方へ移動となります。

新居への荷物搬入作業開始

新居に到着したら早速、搬入作業が始まります。大型家具や家電の配置など、引越し業者のスタッフへの的確な指示を行います。

大きな新居になればなるほど新居の荷物の指示は重要なポイントです。しっかりと配置したい部屋に荷物を置いてもらうように指示します。

家族全員が同じ指示をだしていては引っ越し作業がはかどりませんので、「誘導する人」「各部屋で荷物などの指示を出す人」など分担して指示を出す事で、スムーズな荷出し作業が行う事が出来ます。

段ボールへ具体的に置き場所などを書いておけば、業者さんも迷わずに置いてくれるので、できるだけ具体的に分かりやすく記入しておきましょう。

新居への搬入完了

荷物の搬入が一通り完了したら、また業者と一緒に最終チェックに入ります。家具や壁、床の傷はトラブルになりやすい部分なので、念入りにチェックしておきましょう。

新居のご近所、大家へ挨拶

荷物の搬入が完了して休憩したいところですが、この勢いでご近所の挨拶へ伺いましょう。挨拶は早めにした方が第一印象が良いです。

参考:3分で覚える引越し挨拶絶対攻略マニュアル

ガスの開栓作業の立ち合い

ガスの開栓は入居者の立ち合いが必要です。事前に電話して連絡しておきましょう。

JGA:日本のガス事業者リンク

旧居の鍵の返却

旧居の鍵も当日返却が必要であれば、旧居へ戻って部屋の掃除をして、鍵を返しにいきましょう。

新居の掃除や段ボールの開封作業

引越し作業で新居もホコりで汚れますので、掃除して、段ボールの開封作業をしていると一日は終わってしまうと思います。明日からは新居の部屋の片づけと、転入届など引越し手続きを進めていきましょう。

参考:できるだけ1度で終わらせる!引越し後の手続きのまとめ。

引越し見積もりサービスの比較

見積もりの簡単交渉方法

スポンサードリンク

Pocket


タグ:

この記事を書いている人

ねこ茶